ほぼ日手帳デビュー【ケースはポーターのDangleで多機能に】

暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック
ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------
暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック、ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------

来年の手帳は、ずっと憧れていた「ほぼ日手帳」にしてみました。

ほぼ日手帳は「1日1ページ手帳」として有名ですが、「果たして私に続けられるだろうか」と不安で、今まで使ったことがありませんでした。

でも、今の自分なら続けられる気がする。

初めてのほぼ日手帳

(A6月曜始まり)

ケースは、せっかくなので、多機能に使える「ポーターのDangle」にしました。
ちょっとカジュアルすぎるような気もしましたが、耐久性と機能面でこちらに決めました。

ケースを開くと

ペンもちょうどよく収まります。


ラミーサファリのイエローを使っています。


薄い紙ですが、ペンのインクがにじむようなことはありません。

ポータのケースは、ポケットがいっぱいで、とても使いやすいです。

普段は外していますが、ショルダーストラップも付いていて、頑丈なつくりです。

スマホポシェットならぬ、手帳ポシェット的な使い方ができますね。工夫次第で、さまざまな使い方ができます。
布製のポーチのような感じなので、汚れたら手洗いできるし、これから末永く使っていけそうです。

今年の12月のマンスリースケジュールやメモが付いているので、すでに使い始めています。リビングや仕事部屋、寝室など、どこへ行くにも持ち歩いていて、早くも良き相棒のようになっています。

おもてのポケットには、ハンドクリームやリップクリームを入れてみました。
乾燥が激しい季節ですから、気付いたときにサッとぬることができて便利です。
ポーターのど定番シリーズである「タンカー」のように、ちょっとフカフカした素材でできているので、ケースのポケットに物を入れてもゴツゴツ感がなく、手帳が快適に使えます。

おわりに

来年から、「1日1ページ」使うのをとても楽しみにしています。
年が明けるのがこんなに待ち遠しくなるなんて、思ってもみなかったです。

ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。
ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。
雑貨
スポンサーリンク
暮らしのブレーン
タイトルとURLをコピーしました