「最小限のことしかしない人」を目指していた【元ミニマリスト】

暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック
ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------
暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック、ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------

アレクサ(スマートスピーカーEcho)に「ミニマリストって何?」って聞いてみたんです。

その答えは
「最小限のことしかしない人」
「最低限の物しか持たない人」
でした。

面倒くさいの果て

私は子供の頃から面倒くさがりで、親もあきれるほどでした。
よくよく考えてみると、私がミニマリストになったのは、物を持つこと自体が面倒だからなのだと思います。

我が家に来る人は皆、「すっきりしてるね」と言います。
私はそれに「いろいろあると面倒でね」と答えます。
大抵の人は、ポカンとしますが、私の親は「〇〇(私の名前)らしいね」と言います。

減らし過ぎると逆に面倒

何でもかんでも捨ててしまって、物を減らし過ぎたことがあります。

(テレビ台を捨てちゃったことも・・・)

物を減らし過ぎると、逆にやることが増えたり、作業に時間がかかることもあるんですよね。

私は最小限のことしかしたくないので、物を減らすことでやることが増えるのは本末転倒。
それこそ愚の骨頂です。

おわりに

ちょうどいい量の持ち物を所有して、できるだけ「最小限のことしかしない(家事)」で生きていきたい。

ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。
ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。
お役立ち
スポンサーリンク
暮らしのブレーン
タイトルとURLをコピーしました