本革バッグに付いたアルコール消毒液のシミにニベア塗ったら直った件

暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック
ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------
暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック、ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------

私が最も気に入っているバッグ。
それは、「Mimi HEBE」です。

「何の変哲もないカットソーに、穿き古したデニム」みたいなコーディネートだって、このバッグを持てばピリッとしまる。そればかりか、小慣れたコーデに見せてくれたりする。絶大な信頼を寄せる、私の愛しきバッグなのです。

当然、使用頻度も高く、ベジタブルタンニンによりなめされた革の表面には、細かなキズがたくさん。
革用のクリームで手入れしていても、どうしても増えてしまうキズ。気になるけれど「これは使っている証」なのだと自分なりに納得しながらバッグを使っていました。

そんなある日、私はとんでもない「やらかし」をしてしまったのです。

お気に入りのバッグにシミができた

大事なバッグに

アルコール消毒液を垂らしてしまったのです!

すぐに拭き取ったけれど、見事にシミできてしまいました!

最悪すぎるよ!

キズは許せるけど、シミは許せん!

え、待って。これって直るの?!

本革のシミが何故かニベアで改善

とりあえずニベア塗ってみるか。
お気に入りのバッグに付いたひどいシミを前にして、私はふと、そう思ったのでした。
おそらく、なんらかのWEB記事で、革にニベア(青)が使えるという情報を得ていたので、そんな考えが頭に浮かんだのだと思います。

そんで、いざ、塗ってみた。
(柔らかい布にニベアをとって塗り塗り)

そうしたら、なんと!

(ニベアを塗った翌日に撮影・室内の明かりの関係で色味が若干異なっています。)

かなり改善しました!
本革の表面についたアルコール消毒のシミが、目立たなくなっています!

念のため、ニベア(青)を塗ってから数日様子をみていましたが、再びシミが浮き出てくることもなく、画像のままの仕上がりです。肉眼だと、もっとキレイに見えるかも。(カメラだと細かなところまで写っちゃうからさ)

おわりに

今回、まさかのニベア(青)に救われました。
ニベア万能すぎるでしょ!
ありがとうニベア!

※あくまでも自己責任のうえで行いました。
ほかのバッグでも同じような結果が得られるとは限りません。
悪しからずご了承くださいませ。

ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
お役立ち
スポンサーリンク
暮らしのブレーン
タイトルとURLをコピーしました