【ミニマリストのキッチン】不要だった設備【食器棚・蒸気排出ユニットいらない】

暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック
ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------
暮らしのブレーンへようこそ。
効率的な暮らしやライフハック、ファッション、インテリア
家づくりなどの情報を発信しています。
----------

家を建てたときはミニマリストではありませんでしたが、昔からコンパクトな物を好む傾向がありました。

こじんまりと収まるL字型のキッチンは、私の好みにぴったりでした。

このキッチンに立つこと4年あまり。
改めて考えてみると、付けなくてよかった設備、付けて失敗だった設備があり、ちょっと後悔することも・・・。

食器棚はいらない

キッチンのスペースが限られているので、必然的に「ある物」がありません。
それは「食器棚」です。

食器棚という名目の棚は我が家にはありません。
食器は「吊戸棚」に入れていますが、十分収まります。
(耐震ラッチ付きなので、食器を入れても問題ありません。)


吊戸棚も、こんなに大きなものは必要なかったかな・・・。
棚の空間を持て余しています。
大きな食器棚を付けなくて、本当に良かったと思っています。

※上記画像左側の引き出しには、レトルト食品や袋麺、常温で保存する野菜などが入っています。

蒸気排出ユニットはいらない

家を建てたときは炊飯器を使用していたので、蒸気排出ユニットを付けました。
しかし今は炊飯器を使っていません。(お米はストウブ鍋で炊いています。)
電気ケトルもないので、我が家には蒸気が出る電化製品はありません。
ということは、蒸気排出ユニットを全く使用していないということです。
オプションで追加料金を払ってわざわざ付けたけれど、いらなかったな!
見栄えもあまり良くないし・・・。

現在は、蒸気排出ユニットのある棚には、無印良品のトタンボックスを置いていて、パンやお菓子、調味料などが入っています。

おわりに

多少の後悔はありますが、使い勝手の良いキッチンです。
L字型のキッチンは、導線が短いので作業の効率もいいですよ。
ちなみに、我が家のキッチンのメーカーはクリナップで高さ90cmです。(一般的には85cmが多いです)
腰痛持ちなので、ちょっと高めのキッチンにして正解でした。(身長160cm スリッパ着用)

ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。
ご覧いただきありがとうございました。
ほかの記事もぜひご覧ください。
家のこと
スポンサーリンク
暮らしのブレーン
タイトルとURLをコピーしました